« August 2010 | Main | February 2012 »

September 2010

尖閣事件は日本の外交にとって絶好のチャンス

今回の尖閣事件は日本の外交にとって絶好のチャンスである。

まず中国の横暴を国際社会に知らしめることが出来る。
そして、裁判を通じて中国がいかに事実を歪曲する国かということを世界に知らしめれば、本田勝一(崔泰英)がでっち上げた「南京大虐殺」も信憑性が薄れる。

中国の横暴に手を焼いているのは日本だけではない。
ここは東南アジアの国々と共通の敵を抑え込むために連携すべきだ。そうすれば、この地域の人たちもいかに中国人が自国にとって危険な存在かを深く認識し、日本に対する信頼が増すはずだ。

尖閣事件はその意味で、東南アジアとの信頼関係を深める千載一遇の好機である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | February 2012 »