« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

地球温暖化を心配しているのは日本とドイツだけ

COP15というやつは「究極の無駄」だった。

だが、当たり前じゃないか。

中国は、地球がどうなろうが「自分」が大事。せいぜい「家族」。今の自分だけが全ての唯物論者。地球の将来へのイマジネーションなど無い。

かたやアメリカは究極の自己中。今まではそれを聞いてくれていたが、唯物論者はそうはいかない。

何が恐ろしいかというと、「神」がないのが恐ろしい。

人類はそういう恐ろしい相手と向き合わなくてはならない時代に突入した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子ども手当は中国人のため

現時点で子ども手当は国籍・(子どもの)居住要件が入っていないから、例えば本国に10人子供がいる出稼ぎ外国人は日本にいる間毎月¥26万もらえる。
中国のような戸籍がいい加減で袖の下でいくらでも書類を偽造するところから来る出稼ぎ外国人を利する制度だ。

そして所得制限がでてきた。出稼ぎ外国人にますます有利だ。
日本人には支給しないでその分を外国人に回すということになる。

内需を拡大させるなどとんでもない。子ども手当は、我々の税金を中国にやるということだ。

汚沢はこういうことをやろうとしているのだ。

田中角栄は単なる汚職政治家だった。しかし、汚沢は汚職だけでなく売国政治家だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沖縄を利用する芸能人

「沖縄の声に耳を傾けよう」「沖縄の人々の苦しみを自分の苦しみに」「沖縄の・・・」

橋下大阪府知事、爆笑問題の太田。沖縄を利用して自分のイメージアップをはかろうとしている芸能人だ。

太田の方はお笑い芸人だからまだいい。やりすぎなければ。

橋下は罪が大きい。本当に沖縄の側に立つつもりなら、口から出任せを言うのではなく、本当に関空受け入れが現実性があることのなのか「精査」して発言すべきだ。もっとも最初から実現性がないからこそあんなことを言ったのかも知れない(自分が絶対安全な立場にいて謝罪だの反省だの言ってイメージアップや自己宣伝をはかる明治学院大学久米宏などのようによくある話だ)が、この発言によって関空受け入れ発言で橋下のデタラメがなお一層明らかになったと言える。私はずっとこの知事の危なさを書いてきたが、さすがにここまでくれば、喝采してきた連中も気づくだろう。いやいい加減に気づいてほしい。)
政府は喜ぶだろう。関空受け入れに食指を伸ばすポーズをとって「県外移設」を結果的につぶそうと。

いずれにせよ、沖縄にとっては迷惑な話だ。

しかし、こういうことは芸能人だけでなく、民主党も同罪だと言える。民主党の掲げたのは政策ではなく、上記の芸能人が無責任に口に出した放言の類だ。

悪いのは調子に乗っておもしろ半分に投票したやつら、金に目がくらんだモンペおよびその予備軍だ。

ただ、爆笑の太田のセンスは高く買っている。最近はやらなくなったが彼らのコントは本当におもしろい。政治をタネにするのもおもしろいが、見る者は勘違いをしないであくまでも漫才師として見てあげるべきだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »