« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

竹島のことは李明博へのプレゼント

韓国という国は国内で何か問題があると、国民を鎮めるために「反日」を使う。
今回の竹島の件は適当なガス抜きになったから、李明博と韓国の国旗屋は喜んでいるだろう。

失政に加え金剛山の事件だ。この時点で李明博政権は危機的状況に陥ったと言える。絶体絶命の危機を救ったのは日本だった。今回も。北朝鮮はさぞ悔しがっていることだろう。

竹島でも従軍慰安婦でも日韓が抜本的に解決に向かおうとしないのは双方に利益があるからだ。

しかしそれでいいのか、どっちの国民も。
「反日」で政府に操られる韓国民を見ていると日本人は滑稽に見えるだろう。もちろん中国人も。気の毒なことだ。それで血圧が上がるだろう。日本人だってイヤな気分になっている。

世界中で日の丸が最も売れているのは韓国だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一人の命は地球より重いのなら

拉致された日本人を返さないなら日本は核武装するぞ。くらいのこといえないのかねえ。

拉致のことは忘れない。だと?過去の思い出みたいに語ってどうする。
ヒルとかライスとか、昼飯みたいな連中が言うことをそのまま反復して日本人か!

世界中の人間が滅んでも横田めぐみさんを日本に返したい。両親のもとに返したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »