« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

北朝鮮へのテロ支援国家指定解除は

北朝鮮へのテロ支援国家指定解除は言ってみればオフサイドトラップみたいなのものだ。

しかしヒルにその技があるか?

日本も同じだ。制裁解除も、手詰まり感のある現状を打開するために作戦変更しようということなのだろう。輿論はそこを解さないようだったが、信頼がなかったからだろう。

金力を野放しにしているアメリカもその後塵を拝している日本も信頼が得られなくて当然だ。
こういう国だからろくな事が起きないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公務員たたきが愚民のトレンドか

かつて教員をたたくのが流行った。久米ナントカいうタレントは親の敵のごとくたたきにたたいた。豚のごとき愚かな大衆は喝采した。萎縮した教員は口も手も出せなくなった。そして、学校は荒れ、学力は低下し、給食費を払わないなどのドロボー行為が横行するようになった。
叩くだけでは自らのためにならないということを未だに気づいていない。

ニュースキャスターなど何のスタンスも持っていない。ただその時その時愚民受けするコメントを吐くだけだ。絶対安全な立場にいて絶対安全なことを言うだけだ。

最近は古館とかいう軽薄な男が同じ事をやっているが少々間抜けだ。自民党も大人げないが。

大阪では元お笑いタレントが知事になって府庁職員の給与を大幅にカットするらしい。愚民は拍手喝采だが。さもしい根性だとは思わないのか。公務員は利潤を追求するために働いているのではない。努力の成果が分かるような仕事ではない。借金を減らすことだけがスローガンなのだから個々の職員がやれることは公共サービスの縮小しかない。

私は公務員ではない。公務員を弁護しようとは思わない。しかし、弁護士のプライドもどこかへやってぼけ役お笑いタレントでがっぽり稼いできた人がいきなり乗り込んできて給料カットを言われてもパフォーマンスとしか思われないだろう。少なくとも一蓮托生の思いを抱いた人は皆無だろう。

民衆の嫉妬心をあおるマスコミを厳しくチェックする知性を持たなければ民衆は搾取されるばかりだということにいい加減に気づくべきだ。繰り返すが、嫉妬心をあおっているだけだ。それに気付け。

恫喝で組織は活性化しない。おそらくあの知事は永遠にそれに気づかないだろう。そしてそういう人間があちこちで組織の長に祭り上げられている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »