« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

沖縄戦集団自決

沖縄戦集団自決が軍による強制だとする記述が歴史教科書から削除されることになった。
私はこのことについて判断を下す材料を持っていないが、そう証言する人が何人もいるのだから信ずるべきだと思う。彼らは日本人であって中国人や韓国朝鮮人ではないから。

これがどのように扱われるかはともかく、中国や韓国北朝鮮は「しめしめ」と思っているだろう。

もし沖縄から米軍撤退ということになったら、沖縄県民がシンパシーを抱いている中国の人民解放軍が東シナ海を越えて沖縄本島を侵略・占領。重要なキーストーンを得た中国は一気に台湾を占領。
国連でも中国はロシアの支持を得て沖縄侵略を正当化する。
中国に支配された沖縄県民は、臓器摘出のために次々と微罪で死刑にされる。

もちろん、戦争によって他民族を支配するのは非効率的だ。ミャンマーのようにすればいい。

今の世界は(個人も)、自分の利益のためには正義も秩序も知ったこっちゃないという風潮だ。いやもともとそうだったが、一応羞恥心があったからそこはあからさまではなかっただけだ。

日本政府はどう対応するのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界遺産には行かないぞ

夏が来れば思い出す 遙かな尾瀬 遠い空

歌に詠まれ多くの写真が撮られた美しい風景。いつか訪ねたいと思っている。
しかし、観光客が踏み荒らした尾瀬は自然保護のために立ち入りを制限しなくてはならない事態になっている。

だから私は尾瀬には行かない。

誰でも自分は特別だと思っている。尾瀬の自然を愛する人は尾瀬の自然を守る立場だと思っている。自分だけは違うのだ。

「すごい人ねえ」「どうしてこんなに人がいるのかしら」

おめーもその一人じゃねえか。

だれだって有象無象、「一般人」なのだ。なんの差別もない。
あなただって、いや、あなたこそ尾瀬の自然を破壊する「罪人」の一人。

また一つ、行けないところができた。石見銀山

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝青龍といい安倍首相といい

大人じゃないなあ。

朝青龍はモンゴル人だからまだしも、安倍首相にはあきれるやらがっかりするやら、日本の将来を考えると悲観的になってくる。

ニッポン無責任時代

あの時代は笑い飛ばせたが、それが冗談ではなくなってきた。

小泉再登板?またアメリカに日本を売り飛ばすのか?もうアメリカに売り飛ばすものはないぞ。ブッシュも買う力はないし。中国あたりに売るか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アド街

この番組で紹介されると、とたんに価値が下がる。
「田舎者」とか「業界人」とかがおしかけるようになるからだ。

手にとらでやはり野におけれんげそう

我々の暮らしは特にこれといったことのない「普通」の日常だ。何でもないということは何でもないのだ。
TVなんかで紹介されても意味はない。品性下劣な輩が踏み荒らしていくだけだ。

わが町にも「ロケ」とかいう迷惑なのが時々訪れる。残されるのは、路上のコンビニの袋に入ったゴミだけだ。

アド街が来たことがあった。地域で愛される店は出なかった。取材を断ったんだろうな。
代わりにフィリピンパブや質屋が出た。

快哉。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裸の王様

誰か言ってやれよ。

 ゆー**の歌はださい。
 う**は音痴。
 北*の映画はくだらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本人は音痴が好き?

TVをつけたら歌謡曲番組をやっていた。タモリが司会をしていた。

なんでも5オクターブの音域を持つとかいう女性が出ていた。どんな歌を歌うんだろう。...音痴じゃん。こんなので5オクターブ出たって意味無いじゃん。石ころは何百個集めても宝石一個に及ばない。

いや、日本では音痴がウケる。「なつやすみ~~~」と音程が外れたのを修正しないで堂々とCD出した多摩出身の女性流行歌手。演歌歌手の娘。

そういえばこの演歌歌手の娘だが、タモリの番組に出てバラードを「歌った」。その時タモリは「この歳でバラードが歌えるなんてすごい」とコメント。

タモリという人はこういう人だったんだ。サラリーマンでも役人でも、自分のプライドを捨ててでも出世したい人は彼を見習うといい。

沖縄サミットで、もうちょっとましな歌を聞かされたプーチンは「ちょろい国だ」と思っただろう。アメリカの大統領もちょろいが日本は国を挙げてちょろい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »